新大学生へのオススメ本4選(経済学部生向け)

お世話になっております。 Webコンサルタントの秦智紀(はたとものり)です。

連日、新型コロナウイルス問題についての投稿をしておりますが、本日はテイストを変えて新大学生に向けてオススメの本を紹介したいと思います。

と言いつつも私がオススメできる本と言っても経済学部生向けのものになります。そのため経済学部に入ったら、どんな勉強をするのか?そのために必要な本は何が良いのか?について書きたいと思います。

経済学を勉強する前の準備運動

大学に入学するまでの間、中学校では公民、高校では現代社会や政治・経済という授業を受けてきたと思います。

苦手な人からすれば、何がなんだか訳が分からないという状況だったと思います。しかし、せっかく経済学部に入学して、日本がどんな風になってるのかを知るためにもイキナリ経済学を勉強する必要はなくて、まずは基礎の部分を押さえる必要があります。そんな方には、こちらの本をオススメ致します。

経済学にはミクロとマクロがあります!

池上彰さんの政治と経済の入門の本を読み終えた、もしくは、この入門は大丈夫!という方は、経済学の勉強を進めてみると良いと思います。

経済学というのは、大雑把にミクロ経済学とマクロ経済学があります。ミクロ経済学とは消費者や企業を対象に分析をするもので、マクロ経済学とは国単位を対象に分析をするものです。どちらかを知っておけば良いというものではなく、両方とも必要ですが私が紹介する本は入門編なので、取っ付きやすいと思います。

いきなり難しい本で勉強するのは、正直なところ勧めません。何故なら、経済学って何なの?ということを知るだけでもめっけものだからです!

マンキュー入門経済学(第3版) | N・グレゴリー・マンキュー, 足立 英之, 石川 城太, 小川 英治, 地主 敏樹, 中馬 宏之, 柳川 隆 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでN・グレゴリー・マンキュー, 足立 英之, 石川 城太, 小川 英治, 地主 敏樹, 中馬 宏之, 柳川 隆のマンキュー入門経済学(第3版)。アマゾンならポイント還元本が多数。N・グレゴリー・マンキュー, 足立 英之, 石川 城太, 小川 英治, 地主 敏樹, 中馬 宏之, 柳川 隆作品ほか、お急ぎ便対象...

色々なデータを読み解くための統計学

おっと、先ほど経済学にはミクロとマクロがあるとお伝えしましたが、実はもう一つあります。それが計量経済学です。それは統計学を使って、経済のデータを分析するというものです。

経済には、色んなデータがありますよね。会社の売上とか利益、株価とかGDPとか。経済に関するデータは多種多様です。こういうデータを扱って、分析して、読み解くためには統計学という学問を使う必要があるんです。

これは正直なところ難しいです。ただ、やはり最初は統計学ってなんぞや?というところから入って、イメージを掴んでいただく、それから本格的な統計学や計量経済学の勉強をしても良いと思います!

統計学を勉強して、データの取り扱いや読み解く力を身に付けることで社会人になってから、かなり役に立つので、ぜひ頑張って勉強して欲しい分野です!

朗報!数学の時間です!

さぁ、統計学までクリアした方、朗報です!みんなが大好きな数学の勉強が待ってますよ!

勘のいい方なら何となく分かると思います。しかし、現実を受け止めたくない方には、この段階で早めにお伝え致します。

経済学部って文系ですよね。私も大学は経済学部でした。経済学部の一番最初の講義で何が起きると思いますか?いきなり数学の話しが出てきたりするんですよ。方程式、関数、グラフなど。

みんなテンパってましたよ。えぇ!経済学部って文系で数学やらないと思ってたのにぃぃぃぃ〜〜〜〜!という嘆きの声です。残念ですが、ガンガン使います。容赦なく出てきます。

そんな皆さんのために経済学で使う数学のオススメ本を紹介します。練習していけば絶対できるようになるし、大丈夫なので安心してください!

改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める | 尾山大輔, 安田洋祐, 尾山大輔, 安田洋祐 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで尾山大輔, 安田洋祐, 尾山大輔, 安田洋祐の改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める。アマゾンならポイント還元本が多数。尾山大輔, 安田洋祐, 尾山大輔, 安田洋祐作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻めるもアマゾン配送商品なら...

まとめ

今回は経済学部に入学した新大学生に向けたオススメ本を紹介させて頂きました。

私自身の学歴が、駒澤大学経済学部経済学科早稲田大学大学院ファイナンス研究科ということもあり、経済学を中心に学んできたことから、経済学に関連する本をたくさん読んできました。

その中でも厳選して、特にオススメの本を紹介しましたので、安心して買って、読んで、勉強してみてください。

大学というのは、中学や高校と違って講義もしっかりやってはくれますが、ある程度は独学をしないといけない部分も出てきます。

また、今回の新型コロナウイルス問題で政治的・経済的な影響やショックは大きく、これを軸にして経済学の勉強をすると色々と見えてくるものもあります。

私が学生の時は、サブプライム住宅ローン危機に端を発したリーマン・ショック、2011年の東日本大震災という大きな2つの政治的・経済的な影響やショックがありました。政治や経済の勉強をする上では、こういう現実のテーマを扱うことも必要になるかと思います。

参考資料

1.池上彰著『新版 政治と経済のしくみがわかるおとな事典』
https://amzn.to/39FpeeI

2.グレゴリー・マンキュー著『マンキュー入門経済学(第3版)』
https://amzn.to/2wYFxWU

3. 小島寛之著『完全独習 統計学入門』
https://amzn.to/3dQGPUv

4. 安田洋祐・尾山大輔共著『改訂版 経済学で出る数学: 高校数学からきちんと攻める』
https://amzn.to/3aB53Qy

コメント

タイトルとURLをコピーしました