東京都のロードマップは放棄しよう!

お世話になっております。 Webコンサルタントの秦智紀(はたとものり)です。

政府は5月25日、首都圏および北海道の緊急事態宣言の解除をし、ようやく日本の社会・経済機能の破壊活動が止むのかと思っていたのですが、小池百合子東京都知事は、この期に及んで緊急事態宣言が解除されても自粛をするようにと要請しました。
・緊急事態宣言全国で解除 衆参議員運営委に報告 西村経済再生相
https://www.google.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20200525/amp/k10012443931000.html

しかも、東京都が業種を指定して、ステップごとに営業時間などを指示する非常に高圧的で人権無視の自粛要請であり、この緩和のためのロードマップを2ヶ月間もかけてしていくとのこと。
・東京都ロードマップ 「段階的緩和」具体的には?
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200522/k10012441451000.html

はっきり申し上げて正気の沙汰ではございません。これまで、緊急事態宣言や休業・外出自粛要請には反対論を唱えてきましたが、ある種の国民総意のものとして、民主主義社会においては仕方のないことだと一千万歩譲って、納得してきましたが、政府が緊急事態宣言の解除をしたのならば、東京都も速やかに休業・外出自粛要請を完全に緩和すべきです。

緊急事態宣言を発令するまでの流れと要件、効果そして解除などについて

私の過去ブログ「緊急事態宣言と都市封鎖(ロックダウン)とは?」において「緊急事態宣言を発令するまでの流れと要件、効果」については、記載しましたが、改めて記します。

【緊急事態宣言を発令するまでの流れや要件について】
①新型コロナ特措法基づく「政府対策本部」を設置
②専門家からなる諮問委員会の意見を聞き「基本的対処方針」を策定
③感染症の専門家で作る「諮問委員会」に意見を聞き緊急事態宣言の要件や手続きを確認
④総理大臣が期間や区域を指定し、緊急事態宣言を出す

【緊急事態宣言が発令された時の効果】
①対象地域の都道府県知事は、住民に対し、生活の維持に必要な場合を除いて、外出の自粛をはじめ、感染の防止に必要な協力を要請
②学校の休校や、百貨店や映画館など多くの人が集まる施設の使用制限などの要請や指示を行える
③特に必要がある場合は、臨時の医療施設を整備するために、土地や建物を所有者の同意を得ずに使用できる
④さらに緊急の場合、運送事業者に対し、医薬品や医療機器の配送の要請や指示ができるほか、必要な場合は、医薬品などの収用を行える

では、これを解除するということは、当然のことながら、上記の【緊急事態宣言が発令された時の効果】が解除されるということになります。

そのように考えるならば、【効果①】である「対象地域の都道府県知事は、住民に対し、生活の維持に必要な場合を除いて、外出の自粛をはじめ、感染の防止に必要な協力を要請」も速やかに解除されるべきではないかと思うのは自然な考えです。

東京都のロードマップとは?

しかし、東京都は「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」というものを公表し、速やかな休業・外出自粛要請の解除をしません。

業種を指定して、ステップごとに営業時間などを指示するなど、一体いつになったら東京都民の自由な社会生活、そして事業者は自由な経済活動が送られるようになるのか?小池都知事の身勝手な施策で東京都民の社会生活と事業者の経済活動が破壊されることは、決して許されることではありません。

自由社会を捨てでも小池都知事に従うつもりですか?

新型コロナウイルス対策によって、日本人は一丸となって自粛をしてきました。

日本には、諸外国と違い緊急事態宣言が発令されても罰則や罰金などのような厳罰化はない中、政府の「お願いベース」での休業・外出自粛要請に何ヶ月も耐えて、耐えて、耐え抜いてきたはずです。

何が原因かは、まだ分かりませんが日本においては、新型コロナウイルスによる死亡者は少なく、政府も緊急事態宣言の解除を早めたわけです。

それにも関わらず、私たちの自由な社会生活を破壊しかねない小池百合子東京都知事による「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」に皆さんは従うつもりですか?

今の小池都知事は、1945年(昭和20年)8月14日の深夜から15日にかけて、宮城で一部の陸軍省勤務の将校と近衛師団参謀が中心となって起こした終戦反対のクーデター未遂事件を起こした宮城事件の首謀者たちと重なって見えます。

私には全く理解できません。小池都知事が向こう1年間は、今のまま自粛してくれと言ったら、従うつもりですか?それが、もっともらしい理由を付けてきたら、従うつもりですか?

私たちの言動や行動は、私たちが決めるべきなんです。いちいち政治家や役人が、上から目線で押し付けていいわけがないんです!

よって、私は日本の自由社会を守るために、今日から自粛は放棄しても良いんじゃないかと思っている次第です。

参考資料

1. 緊急事態宣言と都市封鎖(ロックダウン)とは?
https://hatatomonori.blog/column-corona5/

2.ミルトン・フリードマン著『資本主義と自由

3. フリードリヒ・ハイエク著『自由の条件

コメント

タイトルとURLをコピーしました