『【経済学者】成田悠輔&池戸万作が熱論!日本なぜ成長できない?』を観て思ったこと。

コラム

お世話になっております。 株式会社kanouseiの秦智紀(はたとものり)です。

2023年1月6日にABEMA Primeで放送された『【経済学者】成田悠輔&池戸万作が熱論!日本なぜ成長できない?』がネット上で話題を呼んでいます。

【経済学者】成田悠輔&池戸万作が熱論!日本なぜ成長できない?

池戸万作氏の主張

池戸万作氏は、同志社大学法学部政治学科を卒業、中央大学大学院経済学研究科にて修士号を取得し、現在は政治家にグラフ提供や経済レクをしているそうです。

彼は、「政府支出(減税含む)を増やさないで、経済成長させる方法が他には無い」と一貫して主張しているのです。

池戸氏が根拠とするものとして、GDPの構成要素として、「消費」、「投資」、「政府支出」、「純輸出」の4つあり、この中の「政府支出」を増やせば、GDPが増えるから、経済成長するんだということ。データとしても以下のデータを列挙していました。

成田悠輔氏の主張

成田悠輔氏は、東京大学経済学部、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了、マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.取得し、現在はイェール大学経済学部アシスタント・プロフェッサー(助教授)に就任。

経済学会において、彼は超エリートであるにも関わらず、メディア露出をして、多量の謎活動をしていると不思議がられていることでも有名です。

私も彼が東大大学院時代に青木昌彦先生が主宰されていたVCASI(東京財団仮想制度研究所)安田洋祐氏らと学校選択制の研究発表などをしていたので、その時から認知はしていただけに驚いてます。

それは置いておいて、成田氏が番組で言っていたのは、経済成長の解決策として政府支出だけが唯一の手段であると断言できる根拠も論理もないということ。

池戸氏が出してきた資料で政府支出と経済成長の相関関係は認めつつ、それは政府支出によって経済成長したのか、別のところで経済成長したから政府支出ができるようになったのかは違うというもの。

これは、番組を観ている方々からしたら、考え方の違いでしょうと思ったかもしれませんが、経済学をほんの少しでも勉強したことのある人ならば、成田氏の発言が正しいのです。その理由をティンバーゲンの定理とマンデルの定理で説明します。

ティンバーゲンの定理、マンデルの定理

経済成長の要因として大きく3つに分けられます。

1.労働投入量(労働者数、労働時間、労働の質)
2.資本ストック(資本蓄積、資本分配、投資)
3.全要素生産性(技術革新、イノベーション)

そこから、ティンバーゲンの定理とマンデルの定理を使って、それぞれに要因に必要な政策目標とそれぞれの政策目標に最も効果的な手段を割り当てるべきであって、政府支出によって経済成長をするなどと答えは一つではありません

1.ティンバーゲンの定理:複数の独立した政策目標を達成するためには同じ数の政策手段を必要とする。

2.マンデルの定理:政策の諸手段は、それぞれが最も効果を発揮する政策目標に対して割り当てられるべきである。

■為替政策は構造問題を解決できない
― 求められるポリシーミックスの発想 ―
https://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/ssqs/051207-2ssqs.html

まとめ

つまり、「経済成長の唯一の手段は、政府支出だ!」という政策提言は、経済学をほんの少しだけでもかじったことがあれば、出てこない発想なのです。それでも、頑なにそのように発言されると作意を感じます。もしくは、本当に勉強していたのかと疑問を感じるわけです。

また、デービッド・アトキンソン氏が、2022年2月3日に今回の議論を予期するかのような記事を東洋経済に投稿しています。

■日本を惑わす「そう見えるでしょう経済学」の盲点
「財政出動で経済は必ず成長する」には根拠なし
https://toyokeizai.net/articles/-/508019?page=6

参考資料

1.為替政策は構造問題を解決できない
― 求められるポリシーミックスの発想 ―
https://www.rieti.go.jp/users/china-tr/jp/ssqs/051207-2ssqs.html

2.日本を惑わす「そう見えるでしょう経済学」の盲点
「財政出動で経済は必ず成長する」には根拠なし
https://toyokeizai.net/articles/-/508019?page=6

3.(編著者)安田洋祐『学校選択制のデザイン ゲーム理論アプローチ』(執筆者) 青木昌彦、佐藤孝弘、友枝健太郎、成田悠輔、瀧澤弘和、川越敏司、小島武仁
https://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002048

コメント

タイトルとURLをコピーしました